妥協しない結婚式

結婚式なら当サイトにお任せ!

このサイトでは結婚式の費用についての情報をご紹介しています。
式をするときににかかる平均金額とその内訳や、親が負担する金額の目安といった気になる情報に関しても取り扱っています。
さらに予算を抑えたい場合にチェックしておきたい親族のみの式は安く済むのかといったことやウェディングにかかるお金を安く抑えるためのコツ、自己負担の金額相場についても紹介しているサイトです。
式のお金が気になる人はぜひチェックしてみてください。

結婚式にかかる平均費用まとめ!気になる内訳は?

結婚式にかかる平均費用まとめ!気になる内訳は? 結婚式というとお金がかかるというイメージを持たれることが多いため、どの程度の費用が必要なのか気になるという人は多いでしょう。
挙式と披露宴をする主流なタイプの式から、少人数の食事会スタイルまで結婚式にも様々なものがありますが、費用の平均的な金額は60名ほど招待したタイプでおよそ370万円ほどです。
この中で挙式会場の使用にかかるのが約20万円、そして披露宴をするパーティ会場の使用料金は約30万円となっています。
新郎新婦の衣装やヘアメイクなどで87万円、披露宴で振る舞う飲食代には130万円ほどです。
また映像演出や写真撮影の費用は約40万円となっています。
その他に装花や演出、引き出物などが含まれているほかサービス料などこまごました内訳があります。

結婚式の費用の内訳は実際どうなっているの?

結婚式の費用の内訳は実際どうなっているの? 結婚式を挙げる計画を立てるにあたり、まず式場選びから入ることになります。
もちろんその前の段階でコストがかかる事をできるだけ控えたいという事で、写真だけの結婚式にするという選択肢が出てくることもあるかもしれません。
最近は増えていますし、それでも思い出に残すことが出来るという点では費用もかなり抑えられますし式を挙げないのであれば絶対に写真は撮影したいものです。
もし式場やホテルで挙式を挙げるのであれば、予算を考えることも大事です。
考えようによってはご祝儀の分をあてにして計画をするというのもありですが、格式の高い結婚式場やホテルですとそういうわけにもいきませんので、内訳なども考えて予算を組んでいく事をお勧めします。
何をこだわるか譲れないかというのを第一にあげて、あとは妥協できるところは削っていく、オプションは出来るだけ入れないという方法で組んでいくと予算を下げる事も可能です。
何も考える事なく決めていってしまいますと本当に上限がなくなりますしきりがありません。
予算を最初の段階で大体決めて置き、その中で上手くやりくりをしていくというのが理想です。
一生に一度と考えるとあれこれやりたくなりますが、予算は重要です。

結婚式の費用は人数規模で違う!人数別の相場をご紹介

結婚式にかかる費用は人数規模によって異なります。新郎新婦の年齢や肩書などによっても違ってきますが、一般的な招待客の人数は50人~70人です。
50人~60人の結婚式の相場は250万円~300万円で、60人~70人なら300万円~350万円が相場になります。また、100人を超える場合は、400万円以上が相場です。
人数で費用が大きく変動する理由としては、料理や飲み物にお金がかかることです。招待客1人あたり1万5000円ほどが相場であるため、10人で15万の違いが出ます。そのほかにも、人数が増えるごとに用意すべきギフトやペーパーアイテムも増加します。
そのため、結婚式は予算に合わせた規模で行うことが大事です。お世話になった人や大切な友達を全員招待したいという気持ちがあっても、仕事上の付き合いなど踏まえ選ばねばなりません。
ご祝儀を差しい引いた金額が自己負担になるため、負担の少ないプランを組むことが大事です。

和風の結婚式を行う上での費用の相場はどれくらい

和風の結婚式を行うカップルが増えていますが、費用の相場についてよく知りたいと考える人も少なくありません。どこで行うのかに合わせて料金は大幅に異なります。
挙式費用としては神社で行う場合は10万円から20万円前後が主流といわれており、ホテルで行うよりは割安です。ホテルで和風の挙式を行う場合には、平均的に25万円前後とされているため、多少割高となります。
なお、神社で行う挙式だけの場合、衣装や着付け代が含まれていないこともあるため、注意が必要です。衣装や着付けは自分で用意しなければならない可能性があるため、申し込む前に必ず確認してから依頼しましょう。
大切な結婚式だからこそ、挙式を終わらせてそのまま披露宴を行うのか、あるいは挙式後食事会などにするのかなどを2人で相談して決めることが重要です。
和婚といわれるほど和を取り入れた結婚式は話題となっているため、これから利用したいと考えているならどんなプランにするのかよく話し合ってください。

結婚式の費用を少しでも減らすなら手作りアイテムがおすすめ

結婚式は挙式と披露宴を合わせてかなり大きな金額を必要とします。こだわりが強ければよりそこにかかる費用が嵩んでしまうことも多く、思っている以上に予算オーバーなんてこともよくある話です。
そこで大切なのは、少しでも自分たちで手作りができないかという視点を持つことであり、自分たちの時間が許す限り取り組んでみることをおすすめします。
例えば、結婚式への招待状を式場が提携しているデザイナーさんや印刷所を利用するとかなり大きな負担となります。しかし、これを自分たちでデザインをし印刷をしてしまえば低コストに抑えることができるでしょう。
また、挙式で必要となるリングピローなども自作で持ち込む方が多いようです。自分で作ったものを使いたいといった希望があるならチャレンジしてみることをおすすめします。ただし、事前に持ち込むことへの許可を取る必要があります。
場所によっては、持ち込み料金の方が高くつくこともありますので、事前に確認しておくと安心です。

海外リゾートでの結婚式の費用はどれくらい?

例えばハワイなどの海外リゾートで結婚式を挙げてみたいけれども、費用がどれくらいになるのか不安という人も多いことでしょう。そんな人のために、海外の結婚式の値段がどれくらいなのかを確認してみます。
大体の値段は、ゲストの人数などで変わってくるといいます。親族10名以下の式の場合は、260万円から360万円ほどの金額がかかるようです。後は挙式と一緒に観光を楽しむ人がほとんどのため、その費用が加算されていきます。
物価が安いところにしたら予算も控えめですが、ヨーロッパなどは日本と物価の値段に差がなくかなりかさんでしまうのが現実のようです。大体2人で結婚式をする人も多いようですが、時期は6月に人気があるといいます。
冬のヨーロッパは寒いので、どちらかというと暖かいシーズンがベストな印象を受けるようです。行きたいところにもよりますが、北の方だと夏でも10度程度の気温のところがあります。薄着ではなくしっかりと防寒をして、結婚式に臨みたいものです。

季節で結婚式にかかる費用が異なることについて

人生で最大のイベントの一つといっても過言ではない結婚式、プランナーさんに相談し色々と決めていく中で季節によって見積り価格が違う事に気づくのではないでしょうか。
一般的に結婚式は比較的過ごしやすい10月、11月にとりおこなわれる事が多く、真夏や真冬には少ないため、費用が安くなる傾向にあります。少ない予算で式をあげたい人には8月と12月から2月あたりが狙い目です。
新婦や女性のゲストは薄いドレスを着用する事が多いため、気候の良い時に招待されれば嬉しいですが、大切な友人や親族の式ならあまり関係なく喜んで参加してくれる人がほとんどだと思います。
雪がちらつくチャペルもドラマチックですし、からりと晴れた爽やかな空の下ブーケトスをするのも美しい写真が撮れますね。
その会場に合った季節感溢れる演出ができれば素敵なのではないでしょうか。お得に式をあげて残ったお金は新生活にまわすのも、賢いプランの選び方だと思います。

結婚式についてはコチラもチェック

神戸 結婚式